読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はひまつぶし

家族、友達、遊び、自分の人生のひまつぶしにお付き合いいただいている様々な事をつらつらと書き綴ります。

東北弁の怪

f:id:kawausoparty:20170407173651j:plain

 

祖母は誰にでも基本的に2人いるはずだが、
この歳にもなると残念ながら2人とも既に他界していたりする。


2人とも大好きだったが、
そんな祖母のエピソードにも割とエッジの効いたものがいくつかある。


母方の祖母は岩手に住んでいた。
幼少期から夏休みの1ヶ月間は必ず岩手に行き、
岩手の大自然と遊びながら過ごした事は、私にとっても弟にとっても代え難い経験だったと思っている。


東京と比較すればそれはもちろん田舎。
何もないのである。

何もないなりの遊び方を「大人」から習ったりしたもんだが、それはまた別の機会に。
そして、もちろんだが東北弁をみんな喋っているのだ。


おかげ様で私は今でも大抵の東北弁を理解する事が出来る。

 

「こっち来て、これを食べなさい。」

 

 

「こ!!」「け!!」

 

である。

 

 

東北弁を語る上で頻繁に出てくるのが「さ行」の発音についてだ。
どうしても、「し」が「す」になる。
そう聞こえるだけなのだが、「す」にしか聞こえない。

 

東北の方々は「すし」と言っているが、「すす」に聞こえるこの耳である。

 

例に漏れずばあちゃんもゴリゴリの東北弁で話してくる人だったのだが、ある日私は衝撃的なものを家の中で見つける。

 


ばあちゃんちのキッチンにて、ジュースやお菓子を物色していた時の事…。


たまたま目に入った調味料入れ。
(何個か並んでいて、砂糖や塩を入れておくやつ)

 

その調味料入れの蓋に、物凄い達筆で

 

 


「すお」

 

 


と書かれていた。

 

 


さっき書いたが、東北の人も「すし」を「すし」と思って喋っている(らしい)

 

「すす」と思っているわけではない。

 

 

 

でも、目の前には「すお」

 

 


私はその場で転がり回り、涙を流しながら笑った。


そもそも、何故調味料入れにマッキー(油性)で「すお」と書く必要があったのか…!!

 


謎は深まるばかりだが、ばあちゃんの家で大爆笑したエピソードのうちの1つがこの「すお」事件である。

 

もちろんばあちゃんにこの事はすぐに報告したが、

 


「ばあちゃん、な、なんでこれ…、すおって、すお、すおって…!!」と爆笑しながら質問する私に、同じ様に大爆笑しながら

 

 

「すお(しお)だと思って書いた」

 

 

とばあちゃんは言った。

 

 

不法侵入

f:id:kawausoparty:20170328151142j:plain

※写真と本文は関係ありません。




私には30代の弟がおります。
私のツッコミに対して正確にボケてくる、なかなかあなどれないやつです。
大変変わっているので、会話の途中でいなくなったりします。



なんとなく頃合いを見計らっていなくなるのではなく、


私「それでさ、〇が〇で、〇じゃん?」

弟「そうだね。俺もこないだその話し聞いたわ。」

私「だよね~~。どう思った?」

弟「あれはさ、俺なりに…」


スタスタスタ(歩き去る)



みたいな消え方します。

もうこの話しの続きは次回出会うまで出来ません。



そんな弟が、10年以上前に実家で私がパソコンやってる部屋に突然登場して
「警察行かなきゃ…」
と言い出した事があります。


彼はさっきまでずっと寝ていたみたいで、髪の毛ボッサボサの超半目です。

寝ぼけてんのか!?と思ったので、 「寝てんの?」 と聞いたところ 「いや、マジで行かないとなんだよ・・・。」 と。 「なんでよ?」 と聞いたら 「不法侵入」と。 なんで…??(笑) 彼曰く、数日前に自転車で夜中に近所をうろうろしてたら警官に職質されそうになったそうです。


しかし、良く職質される弟は(それもどうなの)職質がめんどくさくなり、近所のマンションの駐車場を突っ切って逃げようと思ったところ、警官が着いて来たそうで。 で、更にめんどくさくなった彼は 『じゃーこのマンションの住人になってやる。 』

という計画を咄嗟に立て、
いかにもそのマンションの住人かの様に駐輪場にチャリを停め、マンションの中に入ろうとしたそう。





しかし、その計画もオートロックという門番により断たれたそうな。 そこで諦めない彼は、 「家に帰ろうとした時にちょうど電話で母ちゃんから買い物を頼まれて外に出る」

 

という結構強引なシチュエーションを思いつき、偽の電話をかけ始めたそうな。 




「あ、もしもし母ちゃん?え?アイス?アイス買って帰ればいいの?うん、分かった分かった。」

そして、いかにも電話してる風にしながらマンションの外に出たところをあっけなく御用に。






「あのね君、不法侵入だから。」
絶対バカ。

コミュニケーション革新

インターネットに出会ったのは今から20年近く前だ。

 

専門学校生だった私は、「学校で必要だから」という理由で自分の部屋にパソコンを用意してもらい、「テレホーダイ」という当時のネット民にとって無くてはならなかった命綱の契約を自ら行い、ネットに明け暮れた。

 

そう、学校で必要だったからパソコンを買ってもらったのに、ネットに明け暮れたのだ。

 

「明け暮れた」のだ!!!

 

23時以降のテレホーダイタイムに入ると、お馴染みのメンバーとお馴染みの場所で待ち合わせてチャットチャットチャット。


話題は何でも良かった。
恋愛相談から学校の事、何でも話したし、あらゆる事件も起こった。

 

「近所に住んでるわけでもない人と文字で会話が出来る」という新たな文化は私達を虜にした。

 

遡ると高校時代、毎日友達と通学途中、放課後、帰宅後、たわいもない会話を山ほどしてきた。

当時は携帯電話を高校生が持ち始めるかどうか、の瀬戸際の時代で、「ポケベル」「PHS(ピッチ)」「携帯」のどれを持っているか、という点で心の中で密かにヒエラルキーが出来上がっていたとかいないとか。

 

しかしそこは高校生。
どれを持っていようが、支払いは少ない自分のバイト代か親が払ってくれているか。
今の様に「カケホーダイ」などという夢のプランは存在しなかったので、携帯を使って長電話なんて恐ろしくて出来ないのだ。

 

そんな高校生の私達が最も頻繁に利用したツールは「FAX」である。

 

今の高校生の事を知らないが、授業中といえば「手紙の回し読み」に決まっている。もう、全員が手紙を書いていた。

FAXは完全にその延長だった。
授業中に話し切れなかったあんな事やこんな事ををFAXに書いて送る。
FAXを書いている間は机に向かっている(はず)なので親には勉強している様に見えて一石二鳥だ。

 

FAXのあれはあれで文字がそのまま伝わるので相手の心情が伝わって面白かったが、
私にとって【相手に文字で気持ちを伝える文化】の第二幕は間違いなくインターネットで世界を広げた。

 

たまたま日々の会話が出来るチャット(出会い系とかじゃない)に出会ってしまったのもあり、メールよりもチャットが先にコミュニケーションツールとなった。
(※後にLINEが出来た時のすんなり感たるや)

 

そのチャットで出会った人とは友達になり、時には恋人になり、ケンカもし、まさにネット上のテラスハウスだったのだ。
凄いと思うのは、20年経った今でも当時のチャット友達の中には縁が切れていない人がいるという事だ。
住んでいる場所は関東と関西で遠くとも、何度か会って遊んだりもしている。

 

そんなある時、かくかくしかじかでそのチャットに行く事が出来なくなってしまい、
何年も通ったネット上の青春が消えてしまった私は学校の単位の事も忘れて(←)悲しむ日々だった。

 

そして出た結論が「鳴かぬなら、鳴かせてしまえ、ホトトギス
無いなら創ってしまえ、作戦だ。

 

そこから私はホームページの作り方というのを学び、仕事中(←)の時間を利用して自分のHPを創ったのだ。

 

試しにそれを自分の仲の良い友達にメールで送信してみたところ、瞬く間に友達が友達にメールを送る、のいわゆるねずみ講連鎖で人が集まる様になった。

 

「やったね、私の青春復活(きゃるん♡)!」である。

 

オフ会を行い、そこで出来た友達と仲良くなり、自分のサイトで知り合った人々が仲良くなったり付き合ったり、まさに更なる青春の日々。
何度か雑誌でHPを紹介してもらえるまでに成長した。
(どれか一冊ぐらい取っておけば良かった…)

 

そんな時代を経て、今でもネットでのコミュニケーションの場所は、mixiTwitterFacebookInstagram、と形を変えて続いている。
そして何人かの友達は場所を変えても友達のままだ!

 

実は自分のサイトを運営していた時代にブログを書いていたのだが、
サイトがほぼ放置状態で殆ど訪問者がいないのに書き続けるのも、と思って最近では書かなくなってしまっていた。

 

でも、書きたい。
なんか書きたい!!!
よくわかんないけど、書きたい!!!!

 

誰も見なくてもいいからもう一回ブログをはじめてみよう、と思い始めたのが今回のブログ開始の経緯…。
ああゆるい。


アラフォー独身女性が自分の身の回りの事を赤裸々に書きます!!!!

というと、いわゆる「タラレバ」的なものを想像されそうだが、それはそっちのプロがたくさん書いてくれていると思うので、少々趣の異なる内容で綴りたいと考えている。

 

過去のブログや日記の内容を自分でカヴァー(ブログのカヴァーって珍しくて良くない?)しつつ、新しいネタも書いていきたい。


カワウソパーティ
アラフォー独身女性
1人暮らし(ネコ一匹)
仕事はしてます
読書、映画、旅行、食べ歩き、ゲーム、マリンスポーツなど趣味は多数


誰も見なくて良いとか言ったけど、1人か2人ぐらい読んでくれたら嬉しいな、とちょっと思い始めてます。

 


アディオス