人生はひまつぶし

家族、友達、遊び、自分の人生のひまつぶしにお付き合いいただいている様々な事をつらつらと書き綴ります。

東北弁の怪

f:id:kawausoparty:20170407173651j:plain

 

祖母は誰にでも基本的に2人いるはずだが、
この歳にもなると残念ながら2人とも既に他界していたりする。


2人とも大好きだったが、
そんな祖母のエピソードにも割とエッジの効いたものがいくつかある。


母方の祖母は岩手に住んでいた。
幼少期から夏休みの1ヶ月間は必ず岩手に行き、
岩手の大自然と遊びながら過ごした事は、私にとっても弟にとっても代え難い経験だったと思っている。


東京と比較すればそれはもちろん田舎。
何もないのである。

何もないなりの遊び方を「大人」から習ったりしたもんだが、それはまた別の機会に。
そして、もちろんだが東北弁をみんな喋っているのだ。


おかげ様で私は今でも大抵の東北弁を理解する事が出来る。

 

「こっち来て、これを食べなさい。」

 

 

「こ!!」「け!!」

 

である。

 

 

東北弁を語る上で頻繁に出てくるのが「さ行」の発音についてだ。
どうしても、「し」が「す」になる。
そう聞こえるだけなのだが、「す」にしか聞こえない。

 

東北の方々は「すし」と言っているが、「すす」に聞こえるこの耳である。

 

例に漏れずばあちゃんもゴリゴリの東北弁で話してくる人だったのだが、ある日私は衝撃的なものを家の中で見つける。

 


ばあちゃんちのキッチンにて、ジュースやお菓子を物色していた時の事…。


たまたま目に入った調味料入れ。
(何個か並んでいて、砂糖や塩を入れておくやつ)

 

その調味料入れの蓋に、物凄い達筆で

 

 


「すお」

 

 


と書かれていた。

 

 


さっき書いたが、東北の人も「すし」を「すし」と思って喋っている(らしい)

 

「すす」と思っているわけではない。

 

 

 

でも、目の前には「すお」

 

 


私はその場で転がり回り、涙を流しながら笑った。


そもそも、何故調味料入れにマッキー(油性)で「すお」と書く必要があったのか…!!

 


謎は深まるばかりだが、ばあちゃんの家で大爆笑したエピソードのうちの1つがこの「すお」事件である。

 

もちろんばあちゃんにこの事はすぐに報告したが、

 


「ばあちゃん、な、なんでこれ…、すおって、すお、すおって…!!」と爆笑しながら質問する私に、同じ様に大爆笑しながら

 

 

「すお(しお)だと思って書いた」

 

 

とばあちゃんは言った。